気持ちを言葉に乗せて伝えること

ある日の出来事

穏やかに晴れた気持ちの良い午後

近所の人通りの少ない路地をワンコとお散歩していました。

 

woman-892309_1920

 

正面から来たワンボックスカーが、私の横で停まりました。

 

開いた窓からちょっぴりコワモテなオジサンから

「すみません」と声をかけられたのです。

 

私「あ、はい…」(にっこり。でもちょっとコワイ)

オ 「ちょっと教えてほしいのですが、○○はどこですか?」

私「○○ですか??」(初めて聞いた場所だわ)

 

この土地に住んで4年半、行動範囲が狭いのか、全く聞き覚えのない場所

 

私「あ、ごめんなさい。ちょっとわからないです。すみません」

オ「そうですか。お時間取らせてすみません。

  あ、車から降りもせずお訊ねして失礼しました」

私「あ、いえ、とんでもないです。

  こちらこそお役人立てずにすみません」

 

確かにオジサンの目線は私より高かったけれど

 

”車から降りずにお訊ねしてすみません”

思ってもみなかった言葉をかけられて、ちょっとビックリ!

 

きっとこの方は、日頃から相手に対して礼儀を持って、

思いやりの心を伝えているんだろうなぁ…。

 

一瞬でも「コワイ」と思ってしまって、ごめんなさい!!

 

思いを言葉にして相手にきちんと伝えること

大切なことだけれど、なかなかできないこと。

 

aster-1556332_1920

 

その後、その男性は少し先にいた市民会館の職員さんに聞いて、

無事に道順がわかったようです。

 

良かった…。

 

Uターンして私を追い越す時に、にっこり笑顔で会釈してくれました。

 

心があったかくなる、ある日の午後の出来事でした。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事