料理が10倍美味しくなる魔法のことば

好きな美味しいごはん(料理)といったら

何をイメージしますか?

 

いろいろありすぎて困る位ですが

一つ挙げるとすれば

 

母の手作り弁当、中学の時の「のり弁」です!!

のりがご飯の熱でベッチョリして

パリパリ感は無かったですが

 

揚げシューマイ、玉子焼き、赤ウィンナーの

絶妙な味付けは、たまりませんでした!

 

 

ところで、そんな美味しいごはん(料理)を

10倍美味しくする魔法の言葉があるんです!

 

IMG_1371[1]

 

それは

 

「いただきます」を言うことなんです♫

普段から言われている方もいるかもしれません。

 

ただ、その意味をしっかり把握してやられている方は

限られてくるのではないでしょうか。

 

料理(肉、野菜、魚・・・)を作ってくれた人や

輸送をはじめ、食事に携わってくれたあらゆる人々への感謝。

 

肉や野菜、魚の命を引き換えに私の命にさせて頂きます

という食材への感謝。

 

つまり

 

「いただきます」を言うことは「感謝」という土台の上で食べるので

言わないで食べるより、断然美味しく味わえてしまうんです!

IMG_1369[1]

 

母の想いや愛情が「お弁当」という形で残してくれたのと同じように

あなたにも届けたい「あの人」へ、何かしら想いやメッセージがあると思います。

 

だからこそ食事の前に改めて「いただきます」を

行ってみるのも良いかもしれません。

 

毎日のことだから

「感受性」という「感動ヴォイスの種」が

少しづつ育まれて行くことでしょう!

 

IMG_1374[1]

 

楽しみましょう♪

出来ることから始める感動ヴォイスの種まきを♫

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事