感動ヴォイスにふれるアフタヌーンティを終えて

初めての『お茶会』での学び

アリコット

 

過日、初めてのお茶会を開催いたしました。

 

野菜倶楽部 2

 

 

が、

 

お申込み下さっていた

お二人の方が突然欠席となりました。

 

お一人は、仕事の予定が変わり

参加できなくなったという

お電話がありました。

 

ご連絡に感謝し、お茶会は毎月やって

いるので、ご都合がついたらお出掛け

下さいとお伝えしました。

 

もうお一人は

ずっと忙しかった日々のお疲れが

腰痛となって身体に噴出したようで

とても詳しいご説明付きのご連絡を

受けました。

 

残念でならないと

何回もおっしゃって・・・。

 

お身体が大切、ご無理をなさらず

静養して下さいとお伝えしました。

 

お人柄と誠意がお電話の声から伝わって

 

参加頂けなかったことは残念でしたが

あまりショックはありませんでした。

 

schutzengelchen-1912663__340

 

お一人の方は全く面識がありませんが

お電話の向こうから、真面目で誠実な

控えめな女性という姿が浮かびました。

 

次にお会いできる日が楽しみになり、

未来へつながる喜びを感じました。

 

 

ということで、

すべては次につながるか否か!

 

 

それがとても大切であることを

お二人から学ばせて頂きました。

有意義な初めてのお茶会の

一コマでした。

 

 

 

感動ヴォイスナレーター養成講座

認定講師 : 笠間節子(ローズ)

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba

 

【プロフィール】

幼稚園の先生として社会人スタートし、

11年間幼児教育に専念。

その後、

畑違いのリゾート倶楽部の会員権営業に転身するも

即戦力として社のトップを極め、

後に大手国内生保に転職。

 

7年間新人教育に携わった後、

営業管理職に登用され

マネージャーとして現場に多大な貢献をした後、

営業教育部に転籍となる。

 

しかし、この間、

様々な人間関係に苦しんだり、

理不尽な誹謗中傷や誤解を受ける中で、

心の危機を体験。

 

自分の感情や心をケアすることを

覚えた体験を 踏まえて、

職員の心のケアにも努める。

 

知識・スキル教育、

業績面のサポートの他、

多くの職員の心のサポートをしたとして

本社表彰を受ける。

 

現場で次世代営業職員の

育成・教育に 専念した後に退職。

 

その後、生保営業の研修会社の

顧問として招かれる。

 

ビジネスにも深く関わる一方、

現在は顧問会社の専属講師として

『瞬笑力講座』の講師を務めている。

 

 

~『瞬笑』~

 

余命宣告されて脳腫瘍の手術を

受けた姉の入院中

目が合った瞬間にっこり

笑ってくれる姿に感動と勇気を貰い、

その笑顔に

『瞬笑(しゅんしょう)』

とネーミングする。

 

出会った人をハッピーにする

コミュニケーションとしての

“瞬笑という笑顔”を世に広めるために

『瞬笑力講座』を構築し、

講座をスタートする。

 

瞬笑力とは、

● 瞬笑(アイコンタクトが命)

● 姿勢(全ての立ち居振る舞いの根幹)

● 笑声(明瞭で明るくエネルギーのある声)

が三位一体となって影響し合い

 “出会った瞬間”相手を魅了する力と

定義している。

 

2016年、感動ヴォイス協会の

村松由美子代表と出会う。

その協会理念に感動し、

ーーーーーーーーーーーーーー

自分と他者をヴォイスで癒し

生きるエネルギーを与える

ーーーーーーーーーーーーーー


という感動ヴォイスナレーターの

キャッチコピーと定義に共鳴し、

感動ボイスナレーター&講師となる。

 

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事