声だけで判断できる!?

声だけに集中!

私があるエンターティメントスクールに

在籍した時代のことです。

 

半期に一度審査会があるのですが

その審査会に初めて臨んだ時

とてもショックを受けたことがありました。

 

課題演技をする前に

自己紹介をするのですが

審査員の先生方は

誰も私を見ていてくれて

いなかったのです。

 

一生懸命自己アピールしているのに

その姿を見てくれてない!

 

これには、かなりめげそうになりました。

 

しかし、あとで分かったのです。

 

審査員は視覚情報をシャットアウトして

私の声に意識を集中していたのです。

 

声だけでほぼ判断できるということ、

いいえ、

声だけのほうがクリアーにわかる!

 

私に一層声の重要性を感じさせる

とてもインパクトのある体験でした。

mobile-phone-1419275__340

 

採用の最終判断は、電話の声!

 

平成21年頃、求人募集をしたところ

かなりの人が集まったことがありました。

 

最終的に一人を選ぶ段階になりました。

 

AさんとBさん、

最後の決め手は、電話の声でした。

 

Aさんは、受け答えする時の

言葉の明瞭さ、大きさ、何よりも

声にエネルギーが感じられました。

 

この時、Aさんを迷わず採用です!

 

call-15828__340

 

あなたは、声の重要性に気付いて

いますか?

 

『感動ヴォイス協会』認定講師:笠間節子

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba

 

【プロフィール】

幼稚園の先生として社会人スタートし、

11年間幼児教育に専念。

その後、

畑違いのリゾート倶楽部の会員権営業に転身するも

即戦力として社のトップを極め、

後に大手国内生保に転職。

7年間新人教育に携わった後、

営業管理職に登用され

マネージャーとして現場に多大な貢献をした後、

営業教育部に転籍となる。

しかし、この間、

様々な人間関係に苦しんだり、

理不尽な誹謗中傷や誤解を受ける中で、

心の危機を体験。

自分の感情や心をケアすることを

覚えた体験を 踏まえて、

職員の心のケアにも努める。

知識・スキル教育、業績面のサポートの他、

多くの職員の心のサポートをしたとして

本社表彰を受ける。

現場で次世代営業職員の

育成・教育に 専念した後に退職。

その後、生保営業の研修会社の顧問として招かれ、

ビジネスにも深く関わる一方、

現在は顧問会社主催の

『瞬笑力講座』の講師を務めている。

~『瞬笑力講座』とは? その背景~

小学高学年の時、クラスメートの表情に

気分が大きく左右されたことから

人の表情に関心を持つ。

余命宣告されて脳腫瘍の手術を受けた姉の入院中

目が合った瞬間にっこり笑ってくれる姿に

感動と勇気を貰い、

その笑顔に『瞬笑(しゅんしょう)』と

ネーミングする。

出会った人をハッピーにする

コミュニケーションとしての

“瞬笑という笑顔”を世に広めるために

『瞬笑力講座』を構築し、

講座をスタートする。

瞬笑力とは、

● 瞬笑(アイコンタクトが命)

● 姿勢(全ての立ち居振る舞いの根幹)

● 声(ベクトルとエネルギーのある声)

が三位一体となって影響し合い

 “出会った瞬間”相手を魅了する力と定義している。

2016年、感動ヴォイス協会の村松由美子代表と出会う。

その協会理念に感動し、

—————————-

自分と他者をヴォイスで癒し 生きるエネルギーを与える

—————————-

という感動ヴォイスナレーターの

キャッチコピーと定義に共鳴し、

感動ボイスナレーター&講師となる。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事